TOPへ戻る

虫歯・無痛治療

怖くない・痛みの少ない虫歯治療。

徹底した無痛治療

痛みが怖くて通院をためらっている方のために。

小さいときに通った歯医者がとっても痛かった・・・など、やはり多くの患者さんが痛みに対する恐怖感をお持ちだと思います。

でも、現在では、色々な機器・技術の進歩で、驚くほど痛みの少ない治療ができるようになりました。
それでもやっぱり痛みの恐怖感が強い方は、恥ずかしがらずに遠慮なくおっしゃって下さい丁寧にゆっくりと治療を進めさせていただきます。

表面麻酔

ジェル状の表面麻酔を、麻酔の注射をする部位に塗ることによって、麻酔自体の痛みを軽減することが可能です。

麻酔の保温器

麻酔液の温度と体温との差が痛みの原因の一つです。

麻酔液を人肌に温めることで、痛みを軽減することが可能です。

電動注射器

麻酔液の注入スピードが早すぎたり安定しないと、これも痛みの原因となります。

 電動の注射器でゆっくりと一定のスピードで注入することで痛みを軽減することが可能です。

 

 

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯で、痛みがないため放置しがちですが、虫歯には自然治癒力がないので、お早めに取り除くことをお勧めします。虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。


 

C2:象牙質に達した虫歯

さらに虫歯が進行すると、エナメル質の内側の象牙質まで達します。象牙質はエナメル質より軟らかい組織なので、むし歯の進行が速くなります。

C1 の治療と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、虫歯が広範囲の虫歯の場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作って修復します。
⇒ 詰め物(インレー)の種類と料金


 

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯がさらに進んで象牙質の内側の歯髄に達すると、歯髄(歯の神経)に細菌が入って強い痛みを伴うことがあります。
歯髄(歯の神経)の炎症が重度の場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄(歯の神経)が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。
⇒ 前歯のかぶせ物(クラウン)の種類と料金
⇒ 奥歯のかぶせ物(クラウン)の種類と料金

 

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。
⇒ インプラント治療
⇒ 入れ歯による治療