TOPへ戻る

矯正治療

きれいな歯で、もっといい笑顔。

矯正担当医 市川 勇大

昭和大学歯学部卒業
その後、大学院を経て博士号取得、現在は昭和大学矯正科の助教。

相談から治療開始まで流れ

矯正治療例のご紹介

いろいろな矯正装置例

実際の治療例

矯正治療のスケジュール

噛めない現代人と乱杭歯

矯正のよくある質問

特徴とリスク

当院での治療費について

 

相談から治療開始まで流れ

① 初診相談

 

② 精密検査

③ 診断・治療計画の説明

 

④ 矯正治療の開始

 

矯正治療例のご紹介

 

同じ人の歯並びと思えますか?
同じ患者さんの治療前と治療後の写真です。治療期間は2〜3年。 
これが『矯正治療』です。

矯正治療で『顔』まで変わります

 

 

どうやって治すのでしょうか(成人矯正)

かなりのデコボコと出っ歯になっています。

骨の中に並びきれない時には途中の歯を抜歯します。

そして、骨の代謝を利用して、少しずつ歯を移動させます。

最終的には抜歯した部分は全くわからなく、きれいな歯列になります。

どうやって治すのでしょうか(小児矯正)

デコボコと、下顎が小さいために出っ歯になっています。

 

前歯のデコボコを改善後、顎骨の成長期であるため、下顎を成長促進させることが可能な
取り外し式装置(FKO)を装着

 

下顎を成長促進させることにより、出っ歯が改善されました。
あとは、永久歯列最終治療により上下の歯を咬ませていきます。

 

どうやって治すのでしょうか(小児矯正)

上下のデコボコと、前歯が反対のかみ合わせになってます。

また、歯並びが原因で下の前歯の歯茎が軽度に下がっています。

上顎に固定式装置(リンガルアーチ)および、下顎に取り外し式装置(スライディングプレート)装着し、反対のかみ合わせを改善します。
その後、固定式装置(セクショナルアーチ)にて上顎の前歯のデコボコを改善します。
動かした歯が後戻りしないように取り外し式装置(テンポラリーリテーナー)にて維持をします。
あとは、永久歯列最終治療(抜歯)により上下の歯を咬ませていきます。

どうやって治すのでしょうか(小児矯正)

上顎の骨の幅が狭いため、上顎の歯はデコボコしています。

 

顎骨の成長期であるため、上顎に取り外し式装置(拡大装置)を装着し、デコボコの原因である顎骨の狭窄を改善します。その後、固定式装置(セクショナルアーチ)にて上顎の前歯のデコボコを改善します。
動かした歯が後戻りしないように取り外し式装置(テンポラリーリテーナー)にて維持をします。
あとは、永久歯列最終治療により上下の歯を咬ませていきます。

 

いろいろな矯正装置例

取り外しのできない装置

歯の表面にブラケットという装置(透明 or 金属)を接着し、ワイヤーで歯を動かす装置です。
(Full Bracket System)

 

スプリングで前歯を前に出します。
(LA : Lingual arch)

 

上あごの拡大を行います。
(Porter)

 

取り外しのできる装置

下あごの成長を促進させます。
(FKO)

 

スプリングで前歯を前に出します。
(Active plate)

 

拡大してすき間を確保します。
(Expansion plate)

 

前歯の反対咬合を筋機能を利用して治します。
(Muh shield)

 

治療後のあと戻りを防ぎます。
(Retainer)

 

 

実際の治療例

混合歯列期

永久歯列期

矯正治療のスケジュール

左の図は上あごと下あごの成長の時期が異なることを示すグラフです。脳や神経系は比較的早い段階に成長します。上あごはそれに近い成長パターンを示し、58歳ぐらいが最も成長が旺盛な時期です。10歳ぐらいではすでに80%ぐらいまで成長が終了しています。下あごは身長などと同じような成長パターンを示し、の子では小学校高学年頃の子では小学校高学年~中学生頃が旺盛な時期となります。

 

噛めない現代人と乱杭歯

小児矯正のメリットとデメリット

メリット
1. 歯槽骨,顎へのアプローチが容易.
2. 不正咬合を予防する.
3. 永久歯列に良い影響を与える.
4. 顎顔面の発育形成を良好にする.
5. 治療期間が比較的短い.
6. 患者の負担が少ない.

 

デメリット
1. 必ず永久歯列期の不正咬合を予防 できるという保証はない.

2. 遺伝的要因による下顎前突や骨格性の不正咬合は,第一段階の治療を行っても第二段階の仕上げの治療が必要になり,治療期間が長期に及ぶ

下顎の運動

 

矯正のよくある質問

①年齢的にいつ頃から治療を始めるべきでしょうか、また何歳くらいから開始できるのでしょうか?

絶対的な年齢はありませんが、原則的には気になった時点でかかりつけの歯科医院か矯正専門医で診てもらったほうが良いでしょう。症状にもよりますが早期に対応することで症状の重症化を防ぐことも可能なケースもありますので適切な治療開始時期を判断して取り掛かるべきです。治療の開始時期は、症状によっては時に乳歯列完成の時期から行うこともあります。
特に重要なのは、本人の治療への関心度とご家族の方の治療へのご理解とサポートです。低年齢の方でどうしても本人の治療への理解と協力が得られない場合は、治療開始時期を先に延ばすこともあります。まずはご相談下さい。

 

②現在成人なのですが、今からでも矯正治療はできるのでしょうか?
治療できるのは子供だけなのでしょうか?

矯正治療の対象は子供だけではありません。大人の方でも治療は可能です!
しかしながら子供の治療と異なり、顎の骨の成長を利用した治療が不可能なため、骨格的な問題が大きな要因となる場合は矯正治療を単独で治療することが難しい場合もありますが、大人になってからでも遅くはありません。

 

③ 矯正治療って歯を動かすからとても痛いって聞いているのですが・・・

歯が移動するときには大抵の場合痛みを伴います。

これは、歯の根っこ(歯根)の周りを取り囲む血管と神経に富んだ膜状の組織(歯根膜)が矯正装置により歯を動かす力を加えられた時に圧迫・伸展されることで生じる現象です。現在では装置の改良も進み、なるべく弱い力を掛けることで痛みを少なくしようとしていますが、治療初期(毎回の調節直後)にはどうしても多少の痛みがあります。

しかしながら痛みの持続期間は2〜3日・長くとも1週間の場合がほとんどで、その期間を過ぎれば必ず痛みはなくなります。

これは圧迫・伸展された血管と神経が回復を始めたサインでもあり、同時に歯も動き始めていると思われます。治療期間中ずっと痛みが続くわけではありませんのでご安心ください。

 

④ 治療費が高額なので支払い方法が心配です。

基本料金のお支払いは一括・分割のどちらでも承っています。治療段階ごとのお支払い・その他ご都合に応じた支払い方法のご相談に応じます。

 

⑤ 習い事や仕事の関係で定期的な通院が難しそうです。

歯の移動は長い時間をかけてゆっくり進行します。そのため通院は3〜6週間、特に数ヶ月に1回の間隔が経過したところで来院していただきます。指定した間隔を経過しましたら予約の上、ご都合の良いお時間にいつでも入らしてください。

 

⑥ 健康な歯を抜いて治療することもあるのですか?

健康な歯を抜いて治療することもあります。その理由としては、

①顎の骨の大きさに対して全部の歯が並びきれない。

②上下の歯並びの間で元々ある歯の本数が異なる。

等が挙げられます。

実際には、永久歯列完成前に治療を開始することで、永久歯列完成後の本格治療時に抜歯を避ける可能性を大きくすることも期待できますし、永久歯列期でも顎の骨または歯並びを拡大して対処することもありますが、限界がある場合は歯の本数を減らして(抜歯して)対処せざるを得ません。

もちろん歯を抜かずに治療するほうが患者さんの精神的・肉体的負担も少なくてすみます。しかしながら抜歯が必要な場合に抜歯を避けることで、治療内容(歯の移動)に制約が生じ、満足する治療結果に到達できないことも考えられます。抜歯して治療するか否かは、検査から得られた情報を学術的見地から多角的に分析・検討を行ったうえで判断いたします。

 

⑦ 治療期間が気になります。どのくらいかかるものなのでしょうか?

一概に大人で何年、子供で何年とは断言できませんが一般的には大人の方で歯を動かす期間(動的治療期間)が2〜3年、子供の方で1〜2年位が多いようです。子供の方は、成長が完了した後に症状の程度により本格的治療を検討します。その必要が生じた場合、トータルで3〜5年+αと言えるでしょう。

動かし終えた歯並びを固定する期間(保定期間)はおよそ1.5〜2.5年です。保定期間を含めるとトータルで大人の方で3.5〜5.5年となります。

 

歯科矯正治療中におこりうる特徴とリスク及び限界について①

1 歯の移動に伴う痛み       

装置装着後約3〜7日間位、歯に鈍い痛みや違和感を感じます。我慢できないほどの痛みではありませんが、次第におさまりますので心配ありません。また、その後行われる毎回の治療後も2〜3日は同じような痛みがでますが、程度には個人差があります。

2 虫歯・歯周病のリスク

治療期間中はブラッシングをきちんと行ってください。当医院でも患者さまの装置や状態に合わせた指導を行います。また糖分の多い お菓子などはなるべく避けた方がよいでしょう。

3 口内炎       

治療中に装置などにすれて頬粘膜、口唇、舌などに口内炎ができることがあります。主に治療初期にできやすく、治療が進むにつれ出来にくくなりますが、お薬を処方する場合もあります。

4 歯肉退縮       

治療中のブラッシングが不適切だと歯ぐきが下がり、歯が長く見えるようになることがあります。また、でこぼこの歯並びだった成人の方は右図のようにブラックトライアングル治療後に歯肉退縮がみられることがあります。  

5 歯根吸収

まれに歯の移動に伴い歯根が短くなることがありますが、健康な条件下で起こる場合は何の障害もありません。しかし、将来、歯周病を起こしたときに歯の寿命に影響することがあります。       
※治療前の歯根吸収の予測は、現段階では非常に困難です。

6 顎関節症       

治療中に顎の関節の音や、お口が開きづらいなどの症状を生じることがあります。矯正との因果関係は少なく、一時的なことがほとんどですので、神経質になることはありませんが、違和感を感じたときは来院時にその旨をお知らせください。

7 顎の外科的処置

一定以上の上下顎のズレや変形が認められた場合は、矯正のみでは治療不可能なので、外科処置を併用する可能性があります。(外科的処置を併用する矯正は保険適応です) また、成長に伴う顎の不調和の治療で、患者さまの協力が得られない場合には、治療方針を変更して、将来的に外科処置を併用する可能性があります。

 

8 上下顎変形・歯の大きさの左右差

外科処置を回避出来る程度の上下顎のズレや変形が認められた場合、上下の歯の真ん中が一致無いことや、歯の形態修正を行うことがあります。

9 後戻り・治療後の生理的な変化 歯は治療後に元の位置に戻る傾向があります。

そのため、装置除去後に保定装置を装着し、後戻りの力を最小限に抑えます。また、保定装置は通常矯正治療期間と同じ期間使用していただきますが、安定の悪い方は長めに使っていただく場合もあります。
また、治療後には中・長期的に見て生理的な変化が認められます。これは、矯正治療の後戻りとは異なり、新たに獲得した噛み合わせの自然な変化です。      
(矯正治療を行わない人にも必ず噛み合わせの変化は起こります)

当院における矯正治療費

治療費

初診相談料 無料(何度でも)
検査料 10,000円
診断料 20,000円

 

基本料金

混合歯列期治療 300,000円
永久歯列最終治療 700,000円
部分矯正治療(1/4顎) 150,000〜
処置料(来院時毎)  
動処中、観察中  4,000円

レントゲン検査の一つであるセファロX線規格写真に関しては、撮影時に別途料金がかかります
上記の料金には、虫歯治療などの一般的歯科治療や矯正治療のための便宜抜歯料は含まれません。
治療費には全て消費税がかかります。
※消費税率は、お支払い時点での計算になります。
※可撤式装置の紛失・破損による再製作は、技工料が発生します。

  片顎10,000円、一体型20,000円。