TOPへ戻る

親知らずの抜歯 - 各種保険適用

親知らずの抜歯判断

抜歯した方が良い場合、抜歯しなくて良い場合

抜歯した方が良い場合

・親知らずの虫歯が神経にまで達してしまっていて、治療が困難な場合
・体力が低下してきたときなど、腫れや痛みを繰り返して、その間隔がせばまってきた場合
・親知らずによって歯並びが悪化している場合

抜歯しなくて良い場合

・完全に歯ぐきの深い位置に埋まっていて生えてこない場合
・親知らずが比較的キレイに生えてきて、ブラッシングなどが行き届く場合
・多少の腫れや違和感を感じるだけの場合

難しい親知らずの抜歯も可能です。

他医院では難しく、大学病院を紹介されるケースも抜歯が可能です。

親知らずは現在退化の一途をたどっており、失っても問題がない歯になっています。そこで、すでにお口の中で悪さをしていたり、あるいは将来患者さんを困らせる事態が予測される場合、抜歯をお勧めしています。

お口の中を見たときに親知らずの頭が見えている場合は、抜歯の難易度はそれほど難しくはありません。

しかし、親知らずの頭が外から見えない場合、通常のレントゲン写真を撮影すると完全に横を向いていて親知らずの歯と下あごの神経と血管の管がくっついていたり交差している場合があります。 
通常の2次元(平面)のレントゲン写真では抜歯の際に神経を傷つけてしまうと患者さんに麻痺が起こってしまうため、抜歯が困難であると診断しがちです。

CTスキャンによる正確な診断

親知らずが深く埋まっている場合、下アゴの中を通っている神経と血管の管(下顎管)と親知らずが接している場合や、交差している場合があります。その際、通常の2次元のレントゲンでは、平面でしか捉えられず、抜歯のリスクを正確に診断するこができません。

一方、LION歯科では、CTスキャンによって3次元的に親知らずと下顎管との距離を把握することができるため、安全に親知らずの抜歯を行うことが可能です。

LION歯科では、難しい抜歯も含めてほとんどの症例に対応することが可能です。通常、大学病院に紹介されるようなケースも対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

 

親知らずの抜歯の費用と通院回数

注意:料金は保険診療で3割負担の方のおおよその目安です。その他に初診料、レントゲン料、薬等の種類によって費用は異なります。

まっすぐな親知らずの場合は2,000円程度

親知らずがまっすぐに生えていて、時間がかからない抜歯であれば2,000円程度です。通院回数は、3回程度です。

横向きの場合は3,000円程度

横向きの親知らずで頭の部分が出ている場合は3,000円程度です。横向きの親知らずを抜歯する際は、歯茎を切開し、歯を割り、頭と根の部分を分けて抜歯します。抜歯後の腫れや出血の状態にもよりますが通院回数は3〜4回程度です。

埋まっている場合は4,000円程度

歯茎の中の方に潜っている親知らずの抜歯は4,000円程度です。親知らずを覆っている歯茎や骨を取り除き、歯を何個かに砕いて抜歯します。抜歯後の腫れや出血の状態にもよりますが通院回数は3〜44回程度です。

親知らず抜歯の手順

1. レントゲンで神経や血管の位置を確認する

親知らずの抜歯前には必ずレントゲンで親知らずの状態を確認します。親知らずの根の状態や神経、血管の位置を確認します。場合によってはCTスキャンによって3次元的に親知らずと下顎管との距離を把握します。

2. 表面麻酔、部分麻酔をする

親知らずを抜歯する前に麻酔をします。表面麻酔を塗ってから、注射の針で麻酔をします。歯科の麻酔は医科の麻酔より敏感な歯茎に圧を加えて行うために痛みが強いです。そのため針は細く、少しずつ入れていくようにします。

3. 親知らずを抜歯する

歯と骨の間には歯根膜(しこんまく)というクッションのようなものがあります。このクッションから専用の器具を使って歯を引き離すことによって歯は抜けます。麻酔が効いているので基本的には痛くはありません。押される感覚は残ります。また、骨の奥に埋まっている親知らずを抜く際には、周りの骨を削ったり、歯を割って小さくして歯を抜く必要がある為、頑張ってお口を開いていてもらうことがあります。

4. 糸で縫って傷口を小さくする

親知らずを抜いた後は穴が開いています。その部分に血液が溜まり、かさぶたができて歯茎が盛り上がってきます。かさぶたが出来易いように、縫って傷口を小さくしたり、抜歯した穴に止血用のスポンジを入れておきます。また、麻酔は1~3時間程度効いていることが多いです。痛みが心配な方は麻酔が切れる前に痛み止めをのむようにしてください。

5. ガーゼで圧迫止血をする

出血が早く止まるようにガーゼで圧迫止血をします。止血が早いほうが腫れや痛みが少なくて済みます。30分から1時間程度強く噛み止血をして、早くかさぶたが出来るようにします。特に血液をサラサラにする薬をのんでいる方は血が止まりにくいため長めにガーゼを噛むようにしてください。

6. 糸を取る

1週間ほど経つと親知らずを抜いた傷は小さくなってきますので糸を取ります。歯茎が完全に閉じてくるのは3~4週間かかります。

抜歯後の腫れについて

通常の腫れであれば2~4日後がピークで、1週間程度で消退します。腫れがほとんどでないこともあります。しかし、約1.5倍近く腫れることもあります。歯肉を開く範囲、骨の削除量・炎症の程度に影響されます。